第15回下関歴史ウオーク&世界遺産明治日本の産業革命遺産「萩城下町」(ツアーコード:1747)

2017年11月17日(金)出発(2泊3日)羽田発着
ツアー代金・・・79,800円(別途大会参加費1,600円、会員割引1,000円)

 様々な歴史の舞台となった本州最西端の下関は、「ふぐ」の町としても有名です。歴史好きでもそうでなくても楽しめる「下関歴史ウオーク」のツアーは、世界文化遺産に登録された萩城下町を訪ねつつ、日本の歴史を感じながら歩く旅です。

日にち ツアー行程 食事
11/17(金) 午前 羽田空港発〜山口宇部空港着〜世界遺産W・萩(萩城)〜松下村塾〜道の駅萩しーまーと〜小倉市内(クラウンヒルズホテル)泊 昼×/夜×
11/18(土) 「下関歴史ウオーク」参加 (距離:30km,20km,10km)〜ゴール後、唐戸市場・巌流島へご案内(希望者別)〜同ホテル泊 朝○/昼×/夜×
11/19(日) 「下関歴史ウオーク」参加 (距離:30km,20km,10km)〜夕 山口宇部空港発〜夜羽田空港着 朝○/昼×/夜×


@世界遺産明治日本の産業革命遺産「萩城下町」
 8県11市に分散している構成資産のうちの一つをがここ萩です。幕末期、積極的に西洋の技術を取り入れ、自力で試行錯誤しながら産業の近代化に挑戦した長州藩の遺構を訪れます。



A唐戸市場・巌流島
 下関は三方をぐるりと海に囲まれた好漁場。そこで獲れた新鮮な魚介類を食べられるのが「唐戸市場」です。宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の地としても有名な巌流島にも実際に上陸します。



B第15回下関歴史ウオーク
 海峡のまち下関で開催のウオーキングイベントは今年15回目となります。歴史を感じながら歩いて、美味しい下関の海の幸をご堪能ください!



 宿泊はシングル標準でどなた様も安心してご参加頂けます。バスdeウオークでのご参加お待ちしています。

お申込み・お問合せは<こちら>